日本のストⅡか、USのモータルコンバットか。 92年頃から、スト2と双璧を成し格ゲー界に君臨する巨塔。

日本ではスーファミでスト2が定番だが、当時USでは、メガドライブ(SEGA Genesis)でモータルコンバットってのが割とメジャーだった。 その最新版(2019.4.23発売)、タイトルナンバー”11”! (27年目!) NetherRealm社製。

もともとその残虐性とスプラッターで血なまぐさい表現が持ち味のモータルコンバットシリーズだが、 近年は特に、ゲーム機のグラッフィクの進化によりトンデモナイことに!!


はっきり言ってショッキングです。

こんな残虐なの非道すぎる!
こんな遊び最低!
そんな声が聞こえてきそうだが、

ちょっと待って欲しい。

全部ギャグだから!!!!!

こんなヒドいことギャグとか言って面白がって最低!
そんな声が返ってきそうだが、
ちょっと待って欲しい。

人間ってのは不思議なもので、あまり痛かったり暴力的だったりするとつい笑ってしまう。」って北野武がアウトレイジの時に言ってたけど、 コレ、それに通づるものがあって、

お笑いって悪魔のようなもので、シリアスな部分には、必ず笑いが忍び寄るんだよ。・・・厳粛さと笑いって、隣り合わせなんだ。」ってことなんです。


その感覚をかなり小馴れた調子で追求しているのがモータルコンバットシリーズ