SOUL SCREAM – TOu-KYOu

[Hab-I-Scream]
おそらく くだらなく奴は堕落者
欲に身を任すより働く者

誰かに背をもたれ
親離れしてるつもりならば そりゃ鼻たれ

小坊主だね このJUNGLE何を求める?
自分がなけりゃ目回る目まぐる

しいはず 現実 恥をさらす
真実は曇る 曇りガラス

いわゆる見え隠れする
裏側はぬかるみのふもと泥沼 アッ

という間 足とられ しどろもどろ
冷や汗かきながら元にもどろ

としても来た道しるべ
崩れ落ちるのが事実の話しのおちだろ

だが明日不安でもある寝どころ
冷めた心に裏腹なふところ

おやっと驚く出処に問う今日
嘘偽りのない真相を

※[Hook]
東京産み出す昨日と今日
覗き込む深く奥底

東京生まれの無数の心たち
一人歩きする道端

東京産み出す昨日と今日
覗き込む深く奥底

東京生まれの無数の心たち
一人歩く道端

[E.G.G Man]
鳥の視点から見下ろすこの地点
広がる群れをなす人間

達分ち合う力 得る道端
自分の立場より遠い彼方

に存在する路地裏 寝転がる姿
語るまだ明日がある

自分とのギャップ 感じる
小細工などする者すら皆無

百獣の王ならば取って喰う
悪循環すら見せる

数十億の群れの秩序より
実情で成り立つこの場の日常

外部の者の侵入 迷える羊 尋ねてみる道
泪橋はどっち 明治通り交差点の位置
そっと差し出す右手 
手のひらで返す
赤く張れ上がった指の付け根
痛くね-かね
豆だらけの手の上
乗せな100円 ここの掟

決してきれいとは言えん
地面のメンテナンス 見回す

そこらじゅうワンカップ転がる
アルコ-ル
染みたダンボ-ル乗せた
リヤカ-引くライバル

サバイバルという名の絵を書く
膨れ上がり おこす錯覚

山の手 ママの手 何よりの助け
幸せの中の生き残りゲ-ム

を制する 己のリアルより磨く
山谷地区より
鳥の視点
すなわち第三者の意見
喰う寝る遊ぶバッドボ-イのル-ル

[Hab-I-Scream]
東京アスファルト寄りかかると
身も体も先見失うカルト

現状 自然現象 オカルト
自分の現状を確かめると

それはまるで東京の地面と
地面の合間に埋められたセメント

の下敷きの種が我が身柄
差し込む光を見つめながら

育つ自力のみ思う存分
やってただの骨折り損

のくたびれ設けにはならん
光差す切り口 出口狂わん

よう右左あちこち根を張りめぐらし
生きる姿は一つもめずらし

事などなく疲れみすぼらしい
姿に変わり果ていくその暮らし

の中 自分自身 信じ生き延びる
回りは高くそびえ建つビル

の谷間から感じる光の眼差しこそ喜び
陽の目の日差し

つまり当たらぬ場に届いた陽だまり
苦い思い噛み締め立ち上がり

見渡すと人の群れが溢れかえる
この東京の
コンクリ-トとコンクリ-トの
合間からニンヤリ-とニンマリ-と笑う
雑草
のようなたくましい生命力の
魂の叫び 雄叫び

▼▼ Soul Scream / Tou-Kyou 元ネタ : Champaign - I'm On Fire ▼▼